外壁リフォームの必要性

◆外壁は外敵からお家を守っています。こんな症状はありませんか?


チョーキング現象(白亜化)
チョーキング現象(白亜化)
太陽光・紫外線・雨や風などによって塗膜から劣化粒子が分解・離脱し、表面が次第に白く粉を吹き防水性が失われた状態です。
これは重要な点検項目として、多くのハウスメーカーにも取り入れられています。
塗膜のはがれ
塗膜のはがれ
ひび割れから雨水が侵入し、モルタル壁との隙間に水がたまって塗膜を押し上げてしまう現象です。ひび割れよりも急速に広範囲に雨水が侵入する為、やがては壁そのものを欠落させてしまう可能性があります。
ひび割れ(クラック)
ひび割れ(クラック)
地震や台風などの外部の力によって構造躯体が動いたり、不同沈下によって躯体そのものが歪んだ為に外壁にひび割れを起こしてしまう現象です。
直接雨水などが入って内部を腐らせたり、基礎内部の鉄骨を錆びさせ躯体の耐久性を著しく落とす危険性があります。
カビ・コケの発生
カビ・コケの発生
カビやコケが発生するのは、主に隣接する植栽などにある草木の胞子が原因で、風通しの良くない箇所では特に発生しやすくなります。
放っておくと壁の含水率が高まり、内部まで腐らせてしまう場合があります。
目地部の劣化
目地部の劣化
外壁のつなぎ目には、水密や機密を目的とした充填剤が詰まっています。しかし、それが経年劣化によりシーリング剤そのものにひび割れを起こして、本来の目的を果たせていない状態です。
これを放っておくと雨水などが直接侵入し内部劣化を引き起こす可能性があります。

 

Copyright (C) 2011 FUTABA Co., Ltd. All Rights Reserved.